〒241-0836 横浜市旭区万騎が原79番地2(相鉄線二俣川駅から徒歩10分)

無料相談受付中
受付時間:8:00~20:00
定休日 :日曜

お見積り依頼やご相談はお気軽に

045-367-7157
■相続等をイメージした図Ⅰ
■相続等をイメージした図Ⅱ
■相続等をイメージした図Ⅲ

民法改正に基づく遺留分制度(2019.7.1施行)

■相続等をイメージした図Ⅳ

【問題点】

従来、贈与や遺贈によって遺留分が侵害された者は、遺留分減殺請求権を行使することができました。すなわち、法定相続分は、確保できていました。しかし、遺贈等に係る現物を返還するか、それに代えて価額弁済をするか選択をするとさえていました。しかし、相手方(受遺者)が価額弁償を選択しないとき、自ら(遺留分権利者)は価額弁償を請求することはできませんでした。

【改正点】

今回の民法改正により、遺留分について、価額弁償(金銭債権化)することとなりました。

 

【結論】

2019年7月1日からは、贈与や遺贈によって遺留分が侵害された者は、遺留分について、価額弁償(金銭債権化)することとなりました。

 

まとめ

■相続等をイメージした図Ⅴ

上で述べた、遺産相続に係る遺留分制度は、2019.7.1から施行されました。しかし、内容の詳細を理解するためには法的知識が必要です。

相続の専門家である横浜在住の行政書士・富樫眞一は、お客様の相続手続の遂行に貢献できると確信しております。ご用命をお待ちしています。

次のお役立ち情報は、「遺産相続~相続手続フロー~」です。是非ご覧ください。

 

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

045-367-7157

yesican@dream.jp
メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。