〒241-0836 横浜市旭区万騎が原79番地2(相鉄線二俣川駅から徒歩10分)

無料相談受付中
受付時間:8:00~20:00
定休日 :日曜

お見積り依頼やご相談はお気軽に

045-367-7157

遺留分制度

【事例】自被相続人Aが死亡し、相続人として、妻B、子供CDEがいます。しかし、遺言で、Aは、全ての財産をCに相続させるという遺言書を作成しています。BDEは自分たちの取り分を確保するこはできないか

【遺留分制度

遺留分制度とは、被相続人が有していた相続財産について、その一定の割合の承継を一定の法定相続人に保証する制度です。遺留分とは、被相続人の財産の中で、法律上その取得が一定の相続人に留保されていて、被相続人の自由な処分(贈与、遺贈)に制限が加えられている持分的利益のことです。

【遺留分制度の趣旨】

遺留分制度は、被相続人の財産管理の自由と遺族の生活保障及び遺産形成に貢献した遺族の潜在的持分の清算という相続人の保護との調整を図る趣旨の規定です。。

【遺留分権の行使】

遺留分を有する人の主張は、個々の遺留分権利者の自由意思に委ねられています。遺留分を主張したい場合は、遺留分の行使をすることになります。もっとも、遺留分の行使は、親族間の紛争を惹起することになりますので、慎重に遺留分行使をするか否かについて検討することが好ましいとおもわれます。

 

まとめ

上で述べたように、遺留分制度について説明しました。相続業務は、法的知識が不可欠です。すなわち、相続の専門家のサポートが不可欠です。

相続の専門家である横浜在住の横浜在住の行政書士・富樫眞一は、お客様の相続手続遂行に貢献できると確信しております。ご用命をお待ちしています。

次のお役立ち情報は、「遺留分侵害請求権」です。是非ご覧ください。

 

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

045-367-7157

yesican@dream.jp
メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。