〒241-0836 横浜市旭区万騎が原79番地2(相鉄線二俣川駅から徒歩10分)

無料相談受付中
受付時間:8:00~20:00
定休日 :日曜

お見積り依頼やご相談はお気軽に

045-367-7157

遺留分侵害請求権の時効

【事例】遺留分侵害額請求権に時効はありますかのですか

【遺留分侵害額請求権の趣旨・請求】

遺留分侵害額請求権は、遺留分権利者が、相続の開始及び遺留分を侵害する贈与又は遺贈があったことを知った時から、1年間これを行わないとき、若しくは、相続開始の時から10年を経過したときに、事項によって消滅します。

【1年の時効の起算点】

(1)受遺者・受贈者に対する侵害額請求権の時効の場合

①改正前民法第1042条の「減殺すべき贈与又は遺贈があったことを知った時」の解釈として、判例は「単に贈与又は遺贈があったことを知っただけでは足りず、減殺しうることを知ったことを要する」としています。

②遺産の全額ないしそのほとんどが遺贈されていて、それを遺留分権利者が認識している場合には、原則として「減殺しうることを知った」といえます。しかし、それ以外の場合は、「減殺しうることを知った」といえるには相続人が具体的な遺産の内容を知ることが必要となります。

 

【10年の時効の起算点】

相続開始の時から進行します。

まとめ

上で述べたように、遺留分侵害請求権の時効について説明しました。相続業務は、法的知識が不可欠です。すなわち、相続の専門家のサポートが不可欠です。

相続の専門家である横浜在住の横浜在住の行政書士・富樫眞一は、お客様の相続手続遂行に貢献できると確信しております。ご用命をお待ちしています。

次のお役立ち情報は、「遺留分の放棄・放棄の撤回」です。是非ご覧ください。

 

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

045-367-7157

yesican@dream.jp
メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。