〒241-0836 横浜市旭区万騎が原79番地2(相鉄線二俣川駅から徒歩10分)

無料相談受付中
受付時間:8:00~20:00
定休日 :日曜

お見積り依頼やご相談はお気軽に

045-367-7157

薬局での終末期医療、緩和ケアにおける薬学的管理

【薬局における終末期医療の実際と薬学的管理】

(1)終末期がん患者の居宅訪問薬剤管理指導

痛みの種類や評価方法を知り、その薬学的管理を理解します。

●痛みの神経学的分類には、①体性痛、②内臓痛、③神経障害性疼痛があります。

(2)自宅での麻薬管理の留意点

1)他人に転用しないこと。誤って他人が服用してしまった場合は、速やかに医師・看護師・薬剤師に連絡するよう伝えておく。

2)小児やペットの手の届かない場所に保管すること。使用済みの貼付剤を小児やペットが口に含んだりしないように特に注意し、廃棄について家庭内のごみ箱などでなく別に回収用の袋などを準備して入れてもらうよう指導する。

3)残薬が生じた場合の処理方法

使用しなかった麻薬の返却について、交付を受けた麻薬診療施設(医療機関)又は麻薬小売業者(保険調剤薬局)に持参するよう指導する。

【終末期患者の心理状況、病状、バイタル、検査値に応じた薬学的管理

オピオイド投与中の在宅終末がん患者の呼吸回数と傾眠から麻薬が過量状態になっていないか判断し、食事摂取量や排便状況も確認する。

【終末期患者の栄養状態と生活の質の向上】

終末期医療においても栄養管理が重要であり、患者個々の病態や病状に応じた適切な栄養管理を実施することで患者の症状の改善やQOLの向上に貢献できます。適宜輸液療法を用いたり、患者の嗜好を考慮した食事を提供し、食事を楽しむことができるような工夫も可能であろうと思われます。

まとめ

上記では、薬局での終末期医療、緩和ケアにおける薬学的管理について説明しました。

薬剤師であり、薬局運営を法的観点からもサポートできる横浜在住の行政書士・富樫眞一は、薬局運営に積極的に参加することで、必ずや、お客様に役立ち、事業拡大のサポートができると確信しております。ご用命をお待ちしています。

次のお役立ち情報は、「保険評価要件と薬剤師業務」です。是非ご覧ください。

 

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

045-367-7157

yesican@dream.jp
メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。