横浜市で廃棄物処理業許可の取得なら旭区にある

行政書士・富樫眞一事務所

スローガン:決して人を傷つけない正義の追求(ハーバード大学マイケル・サンデル教授を支持します!)

覚悟の瞬間 行政書士・富樫眞一事務所 富樫眞一

〒241-0836 横浜市旭区万騎が原79番地2(相鉄線二俣川駅から徒歩10分)

無料相談受付中
受付時間:8:00~20:00
定休日 :日曜

お見積り依頼やご相談はお気軽に

045-367-7157

Mail : yesican@dream.jp

取扱業務

当事務所のサービスについてご紹介します。

廃棄物処理スペシャリストとしての処理業許認可の取得

【業務内容】廃棄物処理法に規定されている許認可は、収集運搬から最終処分まで、もちろん、国の再生利用認定、広域的処理に係る特例、無害化処理に係る特例等を含め、全ての許認可取得のフルサポートを行っています。                        なお、廃棄物処理施設設置許可取得には、大気汚染防止法、水質汚濁防止法、建築基準法、アセス法等の許可取得が不可欠となります。当事務所では、廃棄物処理施設設置に伴い付加的に必要になるこれら等の許可も併せて、許可取得手続をとることができます。

 

【業務概要】高度の専門性を持つ環境部門の技術士としての立場、及び川崎市役所廃棄物指導課及び厚生省((現)環境省)産業廃棄物対策課での一廃及び産廃の行政実務経験者として、行政の考え方の実態を把握している者の立場(廃棄物処理のスペシャリスト)から、迅速かつ適正な許認可取得のための要点をアドバイスすることが可能です。

また、併せて、廃棄物処理に係るスペシャリスト技術コンサルタント(環境コンサルタント 富樫技術士事務所を行政書士事務所と共に開設として、処理計画の立案、見直し時に、会社の利益に繋がる、効率的で、かつ、廃棄物適正処理を担保できる改善計画を、特に、下記の4点に最大の配慮を払いながらアドバイスします。

第一に、個人情報の絶対順守。第二に、廃棄物適正処理が担保されるという条件が満たされる限り、会社の代理人として、常に、会社の利益を最優先に行動をとること。第三に、会社との信頼構築に向けて、常に、信義に従い誠実な行動をとること。第四に、常に最新情報を入手し、会社に役立つ情報を提供すること。

遺産相続

【業務内容】遺言相続業務を実施しています。     遺言書が既に作成済の場合は、被相続人が生まれてから死亡するまでの戸籍等を収集し、法務局で法定相続情報一覧図を作成します。この法定相続一覧図並びに、相続人が実印を捺印した委任状を元に、凍結された被相続人の銀行銀行を相続人に名義変更を行います。

また、この法定相続情報一覧図を基に、不動産の登記は司法書士に依頼します。更に、相続税申告には、このこの法定相続情報一覧図を基に、税理士に相続税申告を依頼します。

遺言書が無い場合は、遺産分割協議書を作成して、当該協議書内容の執行を行います。正確かつ迅速に相続業務を実施する際は、被相続人や相続人への思いやりの配慮を常に忘れないことを心掛けております。

 

【業務概要】廃棄物処理業界関係者を含む地域住民がお亡くなりになるに際し、迅速で適正な遺産相続実現に貢献する観点から、相続業務も実施します。

今後、ますます深刻化する高齢化社会到来に向けて、日頃から付き合いのある信頼できる行政書士に相続業務を依頼できる環境を構築しておくことは大切です。特に、下記の4点について、最大限の配慮をしながら、相続人全員に納得して頂ける相続を実施していきます。

第一に、個人情報の絶対順守。第二に、常に、依頼者との連絡を密にして、相続人の人格を尊重すると共に、公正公平な相続財産の分配に向け最善を尽くすこと。第三に、依頼者との信頼構築に向けて、常に、信義に従い誠実な行動をとること。第四に、常に最新情報を入手し、依頼者に役立つ情報を提供すること。

薬・化粧品のスペシャリストとして薬局開設許可、化粧品の輸入販売許可取得

【業務内容】薬局開設許可業務を実施しています。   薬局開設許可には、設備基準に合致しているか否かを、担当保健所生活衛生課に確認してもらう必要があることから、薬局のレイアウトを生活衛生課に持参し確認を受ける必要があります。また、通常の薬局では、保険薬局の開設、麻薬取扱い及び毒物劇物も当然必要なることが多いため予め確認しておくことが必要になります。す。                                          化粧品の輸入販売を可能にするため、製造業及び製造販売許可取得業務を実施しております。また、この製造業及び製造販売業許可要件の一つとして、許可前に県担当職員による立ち入り検査があります。その検査時点で、GQP、GVPの作成が終了していることが条件となります。当事務所では、が必要になります。製造業及び製造販売業許可申請手続と共に、GQP、GVP 作成も実施しております。    

 

【業務概要】薬剤師資格並びに薬学博士号を取得している行政書士として、薬局開設許可取得手続はもちろんのこと、薬局経営に役立つ運営方法、例えば、漢方相談、心理カウンセラー相談、法務相談のコーディネート、その他地域住民が薬局に対して抱いている要望等の解決案、薬局店主が抱いている薬局運営に当たって抱いている問題の解決案の提案等を行います。特に、下記の4点に最大の配慮を払いながらサポートします。

第一に、個人情報の絶対順守。第二に、適法である限り、薬局の代理人として、常に、薬局の利益を最優先に行動をとること。第三に、薬局との信頼構築に向けて、常に、信義に従い誠実な行動をとること。第四に、常に最新情報を入手し、薬局に役立つ情報を提供すること。

入管業務

【業務内容】基本的には、帰化を含めた全ての入管業務を実施しております。特に、これまで実施してきたものは、技人国、日本人配偶者、永住は数多く手がけているため、特に得意とする分野です。

【業務概要】外国人の方が、日本社会に貢献し、かつ、日本社会で働けることに幸福を感じていただけるよう、全力で、責任を持って丁寧・親切に入国管理、帰化手続業務をサポートいたします。

第一に、個人情報の絶対順守。第二に、適法である限り、外国人の代理人として、常に、当該外国人の利益を最優先に行動をとること。第三に、当該外国人との信頼構築に向けて、常に、信義に従い誠実な行動をとること。第四に、常に最新情報を入手し、当該外国人に役立つ情報を提供すること。

深夜営業(バー、スナック)等

【業務内容】深夜営業許可、酒類通信販売許可、古物商許可取得業務を実施しています。これまで、深夜営業許可、酒類通信販売許可、古物商許可の分野で着々と日々実績を積み上げています。今後も、できる限り多くの実績を積み上げていきたいため、低価格で、迅速かつ確実な許可取得に向けた対応をしております。特にバー、スナックの採寸取りと、それをCADにおとして面積を出す操作を得意としております。

【業務概要】第一に、個人情報の絶対順守。第二に、適法である限り、事業主の代理人として、常に、当該事業主の利益を最優先に行動をとること。第三に、当該事業主との信頼構築に向けて、常に、信義に従い誠実な行動をとること。第四に、常に最新情報を入手し、当該事業主に役立つ情報を提供すること。

「深夜営業お役立て情報」の詳細はこちらへ

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

045-367-7157

yesican@dream.jp
メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。