横浜市で廃棄物処理業許可の取得なら旭区にある

行政書士・富樫眞一事務所

スローガン:決して人を傷つけない正義の追求(ハーバード大学マイケル・サンデル教授を支持します!)

〒241-0836 横浜市旭区万騎が原79番地2(相鉄線二俣川駅から徒歩10分)

HISTORY 行政書士・富樫眞一事務所 富樫眞一
無料相談受付中
受付時間:8:00~20:00
定休日 :日曜

お見積り依頼やご相談はお気軽に

045-367-7157

Mail : yesican@dream.jp

【神奈川】産業廃棄物申請方法のお悩みや代行を依頼するときの注意点

【神奈川】産業廃棄物申請方法のお悩みや代行を依頼するときの注意点

【神奈川】産業廃棄物申請方法のお悩みは行政書士へ

神奈川で産業廃棄物申請をお考えの方はいらっしゃいますか?

廃棄物処理業を立ち上げる際には、許可を取得する必要があります。具体的には、産業廃棄物の「集荷場所」「降ろす場所」を管轄する都道府県知事の許可を取得する必要があるのです。

こちらでは、廃棄物処理業の許可取得方法のお悩み、行政書士に申請を代行依頼する際の注意点をご紹介いたします。

許可取得方法についてお悩みではありませんか?

許可取得の際によくあるお悩みとしては、次のようなものがあるでしょう。

 

  • 許可基準を満たしているのかわからない
  • 許可申請書の書き方がわからない
  • 依頼時の費用が高い

 

それぞれのお悩みに対して、回答します。

 

◇許可基準を満たしているのかわからない

産業廃棄物申請の際には、様々な許可基準が設けられています。専門知識を保有していない方が許可を取得する際、自分が基準を満たしているか判断できない方は多いはずです。

 

そのため、複数の産業廃棄物申請を一気に取得してしまう方や、競合の情報を参考に申請を行う方が多くいらっしゃいます。

しかし、廃棄物処理業を開始する場合にはご自身が事業を営む際の「集荷場所」と「降ろす場所」の都道府県許可基準を理解しておく必要があります。つまり、他県の基準を元に申請取得を行っても、事業所の管轄の県では要件を満たしていないこともあるのです。

 

◇許可申請書の書き方がわからない

許可申請書を作成するのは難しくありません。しかし、申請書類は各都道府県によって全く異なるものが用意されていますし、仮にネット上の知識を使って申請書類を記入したとしても、すべて正しく作成できることはほとんどありません。

 

正しい知識を持った専門家に依頼し、どのような内容を記載するかを相談したほうがスムーズに申請を行えるでしょう。

 

◇依頼時の費用が高い

許可申請書を素早く、正しく記載する方法として最も効果的なのは、行政書士に依頼するという方法です。しかし、行政書士に依頼することで高額の費用を請求されるのではと考える方が多いです。

 

実際のところ、廃棄物処理業の許可申請においては、20万円〜30万円程度が相場となっているため、少し手を出しづらいと考える方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、自力で許可申請を行うと3ヵ月程度時間がかかるとも言われるように、時間的コストを要するのは事実です。時間的コストをかけたくないという方は、行政書士に依頼することも検討してみてください。

行政書士に代行依頼するときの注意点

神奈川で行政書士に廃棄物処理業の許可申請を依頼する場合、いくつかの注意点があります。

 

◇廃棄物処理業に詳しくないケースがある

行政書士は許可申請書類のプロですが、得意分野・不得意分野は少なからずあります。行政書士は国家資格ですが、取得している人全員が産業廃棄物の許可申請に精通しているわけではないのです。

 

例えば、「遺言・相続」や「法務・会計」を専門に扱っている行政書士も存在しています。そのような場合「廃棄物処理業の許可申請」を得意としていないケースもあるでしょう。

もし、スムーズに申請を行いたいのであれば、産業廃棄物を専門としている行政書士を選ぶのがおすすめです。

 

◇距離が遠い場合がある

事業所から遠い行政書士を頼る場合、メールや電話、郵便以外の手段でやりとりを行う手間がかかってしまうことでしょう。具体的には、面談・打ち合わせ・重要事項の説明などにおいて、直接話したほうが理解度は高いです。

 

例えば、神奈川県で事業を行っている場合、県内もしくは遠くても東京都の行政書士を頼るのがおすすめです。明らかに物理的距離が遠い行政書士を選ぶ場合は、本当に信頼できる行政書士の場合以外利用しないほうが賢明だと思います。

 

◇実績が少ない場合がある

産業廃棄物を専門としている行政書士でも実績が少ない場合があります。ホームページから実績を確認し、信頼できる行政書士を頼ったほうがよいでしょう。

産業廃棄物申請をお考えなら行政書士への相談も検討すべき

こちらでは廃棄物処理業の許可取得方法のお悩みや、行政書士に申請を代行依頼する際の注意点をご紹介いたしました。

廃棄物処理業の許可を取得する際には、様々な知識を必要とします。分野に精通していない方であれば申請を行うまでに3ヵ月程度の期間を要することもあるでしょう。時間的コストのことを考えれば、信頼できる行政書士に依頼すべきだといえます。

 

行政書士・富樫眞一事務所は、廃棄物処理のスペシャリストとして、産業廃棄物処理申請許可の取得に関してアドバイスを行っております。廃棄物処理業を営もうと考えている方はぜひご利用ください。

「薬局開業・産業廃棄物申請」に関するコラム一覧

神奈川で産業廃棄物申請の代行依頼なら行政書士・富樫眞一事務所

名称 行政書士・富樫眞一事務所
代表者 富樫 眞一
住所 〒241-0836 横浜市旭区万騎が原79番地2
電話番号 045-367-7157  080-5515-9772
FAX番号 045-367-7157
受付時間 8:00~20:00
定休日 日曜
主なサービス 行政書士(廃棄物処理業許可、遺産相続、薬局開設・運営サポート)
URL https://togashi1957.com/

アクセス

相鉄線二俣川駅から徒歩10分

お問合せはこちら

 タレントの藤井サチさんによる   テレビ取材の様子

お電話でのお問合せはこちら

045-367-7157

yesican@dream.jp
メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

書籍「士業プロフェッショナル」で富樫眞一 事務所が紹介されました。