横浜市で廃棄物処理業許可の取得なら旭区にある

行政書士・富樫眞一事務所

スローガン:決して人を傷つけない正義の追求(ハーバード大学マイケル・サンデル教授を支持します!)

〒241-0836 横浜市旭区万騎が原79番地2(相鉄線二俣川駅から徒歩10分)

HISTORY 行政書士・富樫眞一事務所 富樫眞一
無料相談受付中
受付時間:8:00~20:00
定休日 :日曜

お見積り依頼やご相談はお気軽に

045-367-7157

Mail : yesican@dream.jp

【横浜】薬局開局に必要な条件とは?業務体制基準・設備要件について

【横浜】薬局開局に必要な条件とは?業務体制基準・設備要件について

【横浜】薬局開局には業務体制基準・設備要件を満たす必要がある

横浜で薬局開局する際には様々な条件を満たす必要があります。「業務体制基準」「構造設備基準」「人的要因」を満たさなければ薬局を開局することはできません。

こちらでは薬局を開局する際に必要な条件として、業務体制基準と設備要件をご紹介いたします。

業務体制基準

横浜で薬局開局するためには、厚生労働省が発令している「業務体制基準」を満たす必要があります。こちらの基準については厚生労働省の文書によって確認することができます。

 

まず、薬局を開店する時間は、その時間帯において薬剤師が勤務していなければいけません。一方で、その薬剤師が別の事業所にて薬局業務を行うために勤務している場合でも、開店はできます。

 

第一類医薬品の販売や授与を行う場合、その薬局にて薬剤師が勤務していることが必要です。第二類医薬品や第三類医薬品に関しては、薬剤師あるいは登録販売者が勤務していなければ販売や授与ができます。

 

また、薬局開設者は以下の処置を行う必要があります。

 

  • 医薬品の使用に関する安全な管理のための責任者の設置
  • 従事者から薬局開設者への事故報告の体制の整備
  • 医薬品の貯蔵設備を設ける区域に立ち入ることが可能な者の特定
  • 医薬品の安全使用及び薬剤・医薬品の情報提供のための業務に関する手順書の作成、当該手順書に基づく業務の実施
  • 調剤及び医薬品の販売、または授与の業務に関する適正な管理のための業務に関する手順書の作成、当該手順書に基づく業務の実施
  • 薬剤師が不在になる時間がある場合、その時間における薬局の適正な管理のための業務に関する手順書の作成及び当該手順書に基づく業務の実施
  • 医薬品の安全使用並びに調剤された薬剤及び医薬品の情報提供及び指導のために必要となる情報の収集その他調剤の業務に係る医療の安全及び適正な管理並びに医薬品の販売・授与の業務に係る適正な管理の確保を目的とした改善のための方策の実施

薬局開設許可に必要な条件

薬局を開設するにあたって必要な条件・基準としては、「構造設備基準」も必要となります。こちらも併せて確認しておきましょう。

 

  • 容易に出入りできる構造であり、薬局であることがその外観から明らかであること
  • 換気が十分であり、かつ清潔であること
  • 居住する場所、及び不潔な場所から明確に区別されていること
  •  19.8平方メートル以上の面積があり、薬局の業務を適切に行うことができるものであること
  • 医薬品を交付する場所に関しては60ルクス以上、調剤台の上においては120ルックス以上の明るさを有すること
  • 調剤室の面積が6.6平方メートル以上であること
  • 調剤室は天井と床の材質が板張りかコンクリートなどであること
  • 貯蔵設備が用意されていること
  • 貯蔵設備は鍵がかかるようにしておくこと
  • 冷暗貯蔵ができる場所を用意すること

 

また、以下の用具を揃えておくことも求められます。

  • 液量器(一定量の計量ができる)
  • 温度計(水温測定ができる)
  • 水浴(間節加温できる)
  • 調剤台
  • 軟膏板
  • 乳鉢と乳棒
  • はかり(感量10ミリグラムのもの及び感量100ミリグラムのもの)
  • ビーカー
  • ふるい器
  • へら(金属か角製のもの)
  • メスピペットやピペット台
  • メスフラスコやメスシリンダー
  • 薬匙(金属か角製のもの)
  • 漏斗と漏斗台

 

ちなみに、構造設備基準に関してはドラッグストアの場合要件が多少緩和されます。例えば、面積基準が19.8平方メートル以上から13.2平方メートルになるなどの要件に変更されます。

一方で、放射能医薬品を使う薬局の場合はより厳しい要件を求められることも多いです。

薬局を開局するには様々な基準を満たす必要がある

薬局を開局する際には「業務体制基準」「構造設備基準」「人的要因」があり、こちらでは「業務体制基準」と「構造設備基準」についてご紹介しました。

比較的難しい内容が並んでいるので、一度で理解することは難しいですが、薬局開局には必要な知識となります。

行政書士・富樫眞一事務所では、薬剤師であり薬学博士号を取得している行政書士が「薬局開設許可業務」をお受けしております。薬局開局に関して必要なサポートをさせていただきますので、ぜひご利用ください。

「薬局開業・産業廃棄物申請」に関するコラム一覧

横浜で薬局開局に関するご相談は行政書士・富樫眞一事務所

名称 行政書士・富樫眞一事務所
代表者 富樫 眞一
住所 〒241-0836 横浜市旭区万騎が原79番地2
電話番号 045-367-7157  080-5515-9772
FAX番号 045-367-7157
受付時間 8:00~20:00
定休日 日曜
主なサービス 行政書士(廃棄物処理業許可、遺産相続、薬局開設・運営サポート)
URL https://togashi1957.com/

アクセス

相鉄線二俣川駅から徒歩10分

お問合せはこちら

 タレントの藤井サチさんによる   テレビ取材の様子

お電話でのお問合せはこちら

045-367-7157

yesican@dream.jp
メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

書籍「士業プロフェッショナル」で富樫眞一 事務所が紹介されました。