横浜市で廃棄物処理業許可の取得なら旭区にある

行政書士・富樫眞一事務所

スローガン:決して人を傷つけない正義の追求(ハーバード大学マイケル・サンデル教授を支持します!)

〒241-0836 横浜市旭区万騎が原79番地2(相鉄線二俣川駅から徒歩10分)

HISTORY 行政書士・富樫眞一事務所 富樫眞一
無料相談受付中
受付時間:8:00~20:00
定休日 :日曜

お見積り依頼やご相談はお気軽に

045-367-7157

Mail : yesican@dream.jp

【横浜で薬局開業】手続きや申請前に押さえておきたい成功のポイント

【横浜で薬局開業】手続きや申請前に押さえておきたい成功のポイント

【横浜】薬局開業の申請・手続き前に開業タイプと成功のポイントを知ろう

横浜で薬局開業をお考えの方は、手続き・申請を行う前に開業タイプや成功するためのポイントを押さえておきましょう。

こちらでは、事前に知っておくべき薬局開業の4つのタイプと、薬局開業を成功させるためのポイントについてご紹介いたします。

薬局開業の4つのタイプとは?

薬局開業の申請や手続きを行う前に、薬局開業には様々なタイプの開業方法があることを把握しておかなければなりません。

主に、以下4つのタイプの開業方法があります。

 

◇基準薬局

日本薬剤師会が定めた基準を満たして、都道府県の薬剤師会の認定を受けた保険薬局が「基準薬局」という名称で運営を行うことが可能となっています。

 

2015年3月31日以前に開業した「基準薬局」は日本薬剤師会が定めた基準を満たしていることを示しているのですが、現在は日本薬剤師会の制度が廃止されたこともあり、都道府県の薬剤師会ごとの制度に移行しています。

 

◇かかりつけ薬局

2016年4月以降に、中医協からかかりつけ薬剤師の仕組みが導入されました。

かかりつけ薬局は患者が処方を受けている薬の情報を把握し、飲み残し、副作用、重複などのチェックを行う薬局のことです。

 

薬局が空いていない時間にも相談したり、自宅訪問による健康の相談を受けたりするのがかかりつけ薬局の特徴です。

 

◇健康サポート薬局

かかりつけ薬局の機能を備えた上で、地域密着型で活動しているのが健康サポート薬局です。

厚生労働省大臣が定める基準をクリアし、都道府県都知事に届出を出した薬局だけが健康サポート薬局として活動を行えます。

 

◇薬局チェーンのフランチャイズ展開

既存薬局のビジネスモデルを踏襲したフランチャイズの薬局開業は、経営のノウハウを学べたり、開業する立地のアドバイスなどを受けることが可能です。

薬局が持つブランド力を扱えることから、集客を見込やすいという特徴があります。

薬局開業を成功させるために押さえておきたいポイント

横浜で薬局開業を成功させるポイントとしては、以下の4つがあります。それぞれ詳しくご紹介いたします。

 

◇立地にこだわる

薬局の利用顧客を増やすためには、戦略的に立地を検討していくことが大切です。

例えば、大型病院の近隣に薬局を設置したり、薬局の数が少ないエリアに建てたりすれば、多くの顧客を集客できると考えられるでしょう。

 

また、病院を訪れた患者がどのようなルートで薬局まで足を運ぶかという点についてもしっかりと確認し、立地を決めておくことが大切です。

 

◇デザインにこだわる

薬局のデザインにこだわることも重要です。薬局のデザインとは、外装・内装のデザインのことを指します。

 

周辺にいくつか薬局がある場合には「ここに入りたい」「ここなら安心」と感じてもらえるデザインにする必要があります。

例えば、清潔感を意識した外装デザインを考案してみたり、窓から建物内装が把握できるようにしておくことで、品揃えが豊富な店舗だということを証明できるかもしれません。

また、店舗の塗装などに関しても、メンテナンス性に優れている塗料を用いてデザインを決めることでいつまでも清潔なテンポに保つことができるでしょう。

 

患者様がどのように行動するかをしっかりと考えて外装を考案することも重要です。

 

◇資金計画を立てる

薬局開業にかかる資金を計画しておくことも重要です。

 

  • 物件の保証金:賃料の10ヵ月分が相場
  • 仲介手数料:賃料の1ヵ月分が相場
  • リフォームにかかる費用:小規模の場合でも100万円程度
  • 機材・備品費:小規模の場合でも100〜200万円程度
  • 薬の仕入れにかかる費用:小規模の場合でも100万円程度

 

具体的にはこのくらいの費用がかかりますが、どのような資金調達を行うかなどを入念に計算しておくことが求められるでしょう。

 

◇許可申請を行う

  • 薬局開設許可
  • 保険薬局の指定
  • 薬剤師の資格(必ずしも必要ではない)

 

薬局開業の許可申請にはこのような資格が必要となるため、併せて確認しておく必要があります。

薬局開業前に成功させるためのポイントを確認しておこう

ちらでは、横浜で薬局開業の申請・手続きを行う前に知っておきたい薬局開業タイプや成功のポイントをご紹介しました。

どのタイプの薬局を開業するかを踏まえた上で適切な準備を行うことで、薬局開業を成功に導けるはずです。

行政書士・富樫眞一事務所では、薬剤師であり薬学博士号を取得している行政書士が「薬局開設許可業務」をお受けしております。お客様の薬局開設に関して必要な準備などをサポートさせていただきますので、薬局開業を検討している方はぜひご利用ください。

「薬局開業・産業廃棄物申請」に関するコラム一覧

横浜で薬局開業をお考えなら行政書士・富樫眞一事務所

名称 行政書士・富樫眞一事務所
代表者 富樫 眞一
住所 〒241-0836 横浜市旭区万騎が原79番地2
電話番号 045-367-7157  080-5515-9772
FAX番号 045-367-7157
受付時間 8:00~20:00
定休日 日曜
主なサービス 行政書士(廃棄物処理業許可、遺産相続、薬局開設・運営サポート)
URL https://togashi1957.com/

アクセス

相鉄線二俣川駅から徒歩10分

お問合せはこちら

 タレントの藤井サチさんによる   テレビ取材の様子

お電話でのお問合せはこちら

045-367-7157

yesican@dream.jp
メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

書籍「士業プロフェッショナル」で富樫眞一 事務所が紹介されました。